お知らせ一覧

発熱、咳嗽の患者さんで、新型コロナウイルス感染を疑う場合の対応について

小児科には発熱患者さんの受診が少なくありませんので、感染対策を行ったうえで診療を行っております。この新型コロナウイルス感染流行のさなか、国をあげて診療所に対して発熱、咳嗽患者さんでも拒否せず診療するよう協力依頼を受けております。

当院では、発熱外来(診療・検査医療機関の登録)も設けておりますが、子どもの場合発熱があっても新型コロナウイルス感染症である可能性は多くありませんので、感染対策の上、問診票で感染リスクを評価しながら必要に応じて新型コロナウイルス感染診断検査(抗原検査)を行っています。そのため、保険診療上、厚生労働省が認めるトリアージ加算等が診療費として加算される場合があります。また10月から二類感染症患者診療加算も加算される場合があります。今後も医療従事者の感染対策、感染リスクを背負いながらの診療を保障していく意味がありますので、ご理解のほどよろしくお願いします。(医療証をお持ちの子どもさんは、窓口負担上限額以上に支払うことはありませんので、ご安心を)

また、時に検査を希望される方もおられますが、感冒での受診がほとんどであり、ご相談の上、抗原検査を実施します(感染リスクが低いと判断した場合は検査しないこともあります。診療混乱を避けるためですので、ご理解ください。)。家族での発生、集団生活での発生など周囲での発生が見られた場合は、事前に連絡いただけば、隔離室(院外のドーム)に待機の上優先的に検査を実施しております。

ご理解ご協力のほど、よろしくお願いします。

2021年10月14日

月曜日木曜日の夕方診療2診体制

10月から月曜日と木曜日の16時からの一般診療が医師2名による2診体制となります。

休日明け、休診明けの混雑の緩和のために実施しております。

院長と関西医科大学附属病院小児科所属の医師1名と2人で診療です。必要な場合、2人の医師で相談することも可能であり、診療レベルも低下することなく勧められると思っております。

ご理解のほどよろしくお願いします。

2021年10月14日

中高生新型コロナワクチンの接種予約受付中

現在中学生高校生の新型コロナウイルスワクチンの予約を受付中です。

12歳以上の方を対象。金曜日の午後7時から接種しています。

「学校終了後」、「翌日学校が休み」で、「翌日土曜日の午前中に診療があるため、副反応が出た場合の相談にのれる」ことから、接種曜日を決ています。

電話での予約をお願いします。接種率80%を達成するためには、是非とも10代の子どもたちの協力も必要です。ご両親が接種を済まされ、接種を経験された後の安心感を子どもたちにも、ということでお勧めください。

2021年10月14日

健康保険について

受診の際は、必ず健康保険証をお持ちください。
保険証がない場合、自費での診療になりますのでご注意ください。
現在のところ、マイナンバーカードによる健康保険証確認には対応しておりません。
(今後対応の予定はありますが、時期は未定)

2021年03月21日

日本脳炎ワクチンが不足しています

日本脳炎ワクチンの製造会社のうち1社が製造できない状態にあり、現在供給不足となっています。1期の2回接種が優先され、その次に定期接種の期限に近い方が優先となります。一般的には優先かどうか判断が難しいと思いますので、当院受付まで電話でお問い合わせください。

2021年03月21日